*写真は、東京銀座にあるAWP ギャラリーで
開催した際の模様です。

テラウチマサト写真展「海を渡った富士山」
大本山 建仁寺 塔頭 大統院


2012 年、UNESCO より招聘され、パリUNESCO 内にあるイルドアクトギャラリーにて葛飾北斎の作品と共に展示された富士山作品は、オープニングパーティーに参加された各国の大使から絶賛され評判となりました。その後、長崎、東京、山梨、富山と巡廻し、今回、京都にて新作を加え、開催を致します。
なお、日本の茶の文化を現在まで継承している大本山建仁寺塔頭大統院にて、テラウチマサト作品の世界観と茶の湯を融合させた特別茶席「富士茶会」を開催する運びとなりました。
テラウチマサト作品の世界観を表現したお茶席でのお点前の披露、そしてお点前やお茶室についてはご自由に撮影していただけます。
初めての方でも軽装で気軽にご参加いただけるお茶会となります。
1日限定の特別茶席で、テラウチマサト作品の世界観と日本の伝統文化である茶の湯を体験して、京都の風情を味わって下さい。

【イベント:テラウチマサトと行く秋の古都京都散策】

テラウチマサト展記念イベントとして展示会場である大統院での限定トークイベント
および秋の古都京都散策と題して、ユネスコ世界文化遺産 教王護国寺(東寺)を巡ります。
トークイベント開催中、大統院展示会場はイベントにご参加いただく方のみの貸し切りと
なりますのでゆっくりと作品をご覧になれます。

【開催概要】

日時

11月22日(日)

参加費

3,000円

※作品展入場料、東寺拝観料込み

募集人数

50名

集合場所

建仁寺塔頭 大統院 作品展会場

当日進行スケジュール

11:00~12:00

テラウチマサト作品トーク

13:15

ユネスコ世界文化遺産 教王護国寺(東寺)集合(移動は各自でお願いします。)

http://www.toji.or.jp/access.shtml

13:30~15:00

教王護国寺(東寺)散策




教王護国寺(東寺)は、796年に桓武天皇の勅命により、平安京の官寺として建立された平安京の中で最も古いお寺であり、また唯一、場所を変えずに現在に遺るお寺です。今回テラウチマサトの大統院でのユネスコ招聘作品の展示を記念して、世界文化遺産東寺の御坊様のご案内のもとで散策いたします。
また普段公開されていない五重塔の内陣、今回初めて21体の立体曼荼羅の360度パノラマ展示をご覧いただきます。


◆教王護国寺(東寺)での注意事項◆


御坊様のご案内中の撮影は風景を含めご遠慮ください。カメラはカメラバッグにしまい、お坊様のご説明をお聞きください。イベント現地解散後、良識の範囲内で撮影を楽しんでいただくことは構いませんが、文化財保護法により、堂内などの撮影はできませんので、予めご了承ください。




お申込みご希望の方は下記をご記入の上へメールにてお申し込みくださいませ。
件名:テラウチマサトと行く秋の古都京都散策
本文:氏名、住所、電話番号
↓↓↓↓↓↓↓↓
info@cmsinc.jp


「特別茶席 富士茶会」
定員:10名(各回)  参加費:5,000 円
お茶会は各回、満席となりました。
1 回目 11 時~(満席)

2 回目 12 時~(満席)

3 回目 14 時~(満席)

4 回目 15 時~(満席)
5 回目 17 時~(満席)


※なお、お茶会に参加される方は開始時刻の15分前までに受付をお願いいたします。

展示開催日程:
2015年11月21日(土)~11月27(金)
開館時間:10 時~ 16 時 入場料:500 円
※会期中法要の際は展示をご覧頂けない時間帯があります。


展示会場:
大本山 建仁寺 塔頭 大統院
〒605-0933 京都府京都市東山区大和大路通四条下る四丁目小松町593


お問い合わせ:
お問い合わせフォーム


企画
G.I.P. Tokyo



協力:
山田淳子/株式会社シー・エム・エス