テラウチマサト写真展「受け継がれていく高岡の心」
~国宝瑞龍寺と高岡の職人を撮る~


富山県を故郷とする写真家テラウチマサトが、小型カメラを駆使して写真展会場である国宝瑞龍寺と、高岡市の伝統工芸を受け継ぐ職人の方々を普段見ることのできない角度から撮影。瑞龍寺の夏のライトアップ開催期間に合わせて同時開催いたします。
高岡のモノづくりに息づく力を、職人を通して写真で表現します。


国宝 高岡山瑞龍寺
瑞龍寺は、富山県高岡市にある曹洞宗の仏教寺院。山号は高岡山。本尊は釈迦如来。開基は前田利常、開山は広山恕陽。仏殿、法堂、山門の3棟が近世禅宗様建築の代表作として、平成9年に国宝に指定されている。これは富山県下における初の国宝指定であり、平成26年現在も富山県唯一の国宝である。
引用 http://www.zuiryuji.jp/


写真展使用カメラ/CASIO EXILIM

【EXILIM FR-10】
本体カメラ部分を分離させることができるため、今まで以上に自由なアングルから撮影が可能。この特徴を活かした、今までにない新しいアングルから瑞龍寺を切りとります。



【EXILIM EX-100F】
写真家の「撮りたい」欲求を叶える機動力に長けたコンパクトなボディと、思いもよらない作品をカメラ側が提案してくれる、世界初の2軸ブラケティング機能を搭載。世界初の機能を搭載したカメラによって、瑞龍寺を撮影します。



開催日程:
2015年8月8日(土)、9日(日)

イベント名称:
【夏の国宝 瑞龍寺】夜の祈りと大福市
 同時開催:テラウチマサト写真展「受け継がれていく高岡の心」

会場:
国宝 瑞龍寺 (住所:〒933-0863 富山県高岡市 関本町35)
*JR「新高岡駅」から徒歩15分
*ライトアップ期間中、瑞龍寺の駐車場は使用できませんので公共交通機関を
ご利用ください。
*またライトアップ期間中は、イオンモール高岡駐車場より無料シャトルバス運行
(17:45~21:45の時間帯で随時運行)

時間
ライトアップ時間/18:30~21:30
通常開館時間/9:00~16:30

瑞龍寺入場料:
ライトアップ期間(8日・9日)/前売り券350円(当日500円)、中学生以下無料
上記以外の期間(7日、10日)/一般500円、中高生200円、小学生100円

特設サイト:
http://ecchu-takaoka.com/

主催
株式会社シー・エム・エス

協力:
カシオ計算機株式会社